上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
無料で使えるデコメ、絵文字のサイトです。
デコメランナー
デコメ 絵文字 無料
スポンサーサイト
nslookupを使おうと思ったら入っていなかったのでメモ。
yumで一発で入ります。

$ sudo yum install bind-utils
初期設定のままだとセキュリティ的にすこし甘いかも

まずrootでログインするのは嫌なので、ユーザを作成する
# useradd hoge
# password hoge
# visudo
root ALL=(ALL) ALL
hoge ALL=(ALL) ALL

SSH鍵を作る方法はいろいろあるが、自分はターミナルにpoderosaを使っているのでpoderosaで作ることにした

①ツール → SSH鍵作成ウィザード
②RSA、2048でパスワード入力
③秘密鍵に名前を付けて保存 → ファイル名「id_rsa」で保存
④OpenSSH鍵形式で公開鍵を保存 → ファイル名「authorized_keys」で保存

ここからはサーバ上での作業
①先ほど作成したユーザでログイン

②以下のように公開鍵を設置する
$ mkdir .ssh
$ chmod 700 .ssh
(ここでのパーミッションの設定は重要)
$ cd .ssh/
$ vi authorized_keys
このファイルの内容はpoderosaで作成したauthorized_keysの内容と同じにする
(SCPとかでコピーしてもOK)
$ chmod 600 authorized_keys
(ここでのパーミッションの設定は重要)

③ OpenSSHの設定
$ sudo vim /etc/ssh/sshd_config
RSAAuthentication yes
PubkeyAuthentication yes
AuthorizedKeysFile .ssh/authorized_keys
(コメントアウト「#」を外せばOK)
$ sudo /etc/init.d/sshd restart

④ログインできるかどうか
poderosa ツール → オプション → SSH → 認証アルゴリズムをRSAに変更
認証方法を「公開鍵」にして鍵ファイルに「id_rsa」を指定

⑤ログインできるはず


これでログインできたなら、SSHの設定でパスワードでのろログインを禁止すればOK

$ sudo vim /etc/ssh/sshd_config
#PasswordAuthentication yes
PasswordAuthentication no
$ sudo /etc/init.d/sshd restart

で公開鍵でのログインが必須となります

※かならず公開鍵でのログインが確認できてから変更しないとログインできなくなるかも
※作成した秘密鍵は大切に保管する
WebKeepersのVPSプランを申し込んだ。
これでサイト作って一儲けできたらな。

OSはCentOSだったのでパッケージは管理はyumでするこにした

=====

# cat /etc/redhat-release
CentOS release 5.2 (Final)

# wget http://ftp.riken.jp/Linux/centos/5.2/os/i386/CentOS/yum-3.2.8-9.el5.centos.1.noarch.rpm

# rpm -ivh yum-3.2.8-9.el5.centos.1.noarch.rpm
warning: yum-3.2.8-9.el5.centos.1.noarch.rpm: Header V3 DSA signature: NOKEY, key ID e8562897
error: Failed dependencies:
python-elementtree is needed by yum-3.2.8-9.el5.centos.1.noarch
python-iniparse is needed by yum-3.2.8-9.el5.centos.1.noarch
python-sqlite is needed by yum-3.2.8-9.el5.centos.1.noarch
rpm-python is needed by yum-3.2.8-9.el5.centos.1.noarch
urlgrabber >= 3.1.0 is needed by yum-3.2.8-9.el5.centos.1.noarch
yum-metadata-parser >= 1.1.0 is needed by yum-3.2.8-9.el5.centos.1.noarch

と言われるので、これらのパッケージを同じようにwgetしてくる

# wget http://ftp.riken.jp/Linux/centos/5.2/os/i386/CentOS/python-elementtree-1.2.6-5.i386.rpm
# wget http://ftp.riken.jp/Linux/centos/5.2/os/i386/CentOS/python-iniparse-0.2.3-4.el5.noarch.rpm
# wget http://ftp.riken.jp/Linux/centos/5.2/os/i386/CentOS/python-sqlite-1.1.7-1.2.1.i386.rpm
# wget http://ftp.riken.jp/Linux/centos/5.2/os/i386/CentOS/rpm-python-4.4.2-48.el5.i386.rpm
# wget http://ftp.riken.jp/Linux/centos/5.2/os/i386/CentOS/python-urlgrabber-3.1.0-2.noarch.rpm
# wget http://ftp.riken.jp/Linux/centos/5.2/os/i386/CentOS/yum-metadata-parser-1.1.2-2.el5.i386.rpm

# rpm -ivh *.rpm
warning: python-elementtree-1.2.6-5.i386.rpm: Header V3 DSA signature: NOKEY, key ID e8562897
error: Failed dependencies:
m2crypto >= 0.16-5 is needed by python-urlgrabber-3.1.0-2.noarch

まだ足りないらしい

# wget http://ftp.riken.jp/Linux/centos/5.2/os/i386/CentOS/m2crypto-0.16-6.el5.2.i386.rpm

# rpm -ivh *.rpm
Preparing... ########################################### [100%]
1:yum-metadata-parser ########################################### [ 13%]
2:rpm-python ########################################### [ 25%]
3:python-sqlite ########################################### [ 38%]
4:python-iniparse ########################################### [ 50%]
5:python-elementtree ########################################### [ 63%]
6:m2crypto ########################################### [ 75%]
7:python-urlgrabber ########################################### [ 88%]
8:yum ########################################### [100%]

成功したようだ
あとはupdateしておけばOK

# yum update

yumインストール前にapacheとかphpとか入ってたけど
# yum install httpd
Setting up Install Process
Parsing package install arguments
Package httpd - 2.2.3-22.el5.centos.1.i386 is already installed.
Nothing to do
と言われるので、重複することはなさそう
powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。